容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

追伸:あなたの生まれた家を見てきました

  1. 2009/06/06(土) 03:34:48|
  2. あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
多摩市貝取2−4−2
 深夜のテレビ番組で、
 ZARD・坂井泉水のドキュメンタリーをやってました。

 表題はその番組の中で流れた彼女の曲、
 「もう少し あと少し…」の一節。

 ふと、2年ほど前に訪ねた生まれ故郷を思い出しました。



 
といっても、あたしは大阪在住ながら東京生まれ東京育ちなもので
「生まれ故郷」という言葉が醸し出すような田舎な感じは一切ありません。

上の写真は、生まれた直後から大学くらいまで約20年間暮らした
東京都下にある多摩ニュータウンの団地です。

しかし、見事なまでの「団地」。
これを団地と呼ばずして何を団地と呼ぶべきか、というくらい団地ですね。



2年ほど前、大阪に来てから1年くらい経った頃になりますが
急に思い立ってどうしても生まれ育った多摩の街が見たくなりまして、
週末に新幹線に乗って、わざわざレンタカーまで借りて見に行きました。

団地の近くに車を停めて、
半日くらいかけてゆっくりと小学校〜中学校時代の思い出の場所をぶらぶら。

南貝取小学校
 通ってた小学校です。

 この日は日曜日だったので、
 グラウンドでは少年野球チームが練習してました。

 残念ながら、あたしが所属していたチームでは
 ありませんでしたが。


貝取中学校
 で、こちらは中学校。

 勝手に入って大丈夫かな〜と思いつつ、
 正門から学校の敷地内へ。

 グラウンドの方に向かいます。



貝取中グラウンド
 グラウンドはなぜか無人でした。

 中学時代は野球部でして。
 バックネットの前には、いくつかボールが転がってます。
 あたしらの頃は、こんなことしたらすごい怒られたけどなあ。


小学校・中学校と、自分の家からの当時の通学路をそのまま往復してみたら
覚えてる意味なんて全くないような、当時の会話が思い出されます。

   「お前プール何級いった?オレ○級〜」

   「こんどあの裏山に隠れ家つくろうぜっ」

   「今日ウチでファミコンやんねー?」

   「やっぱ洋楽でしょ!ボンジョビ超いいよ」

   「平井がさー、○○のこと先生にチクったらしいよ」

   「金井ボン、部活辞めるってマジ?」

   「お前、丸山のこと好きだろ〜」「そんなことねーよ」

いや〜それはもう、
どうでもいいことばっかり、ありありと。

裏山のアケビを採って食べたり、
雪合戦で雪玉に石入れて友達と大ゲンカになったり、
プールをサボる口実に通学路の途中の公園で足首に包帯を巻いたり、
空き地でロケット花火で戦争ごっこしたり、
夜の公園で友達とお互いに好きな女の子を打ち明け合ったり、
親に怒られて家出(みたいなこと)をして隠れ家で泣いたり。

通る道通る道、パラパラとページをめくるみたいに
いろんなことが思い出されて、ニヤニヤ笑いながら歩いてました。
きっと傍から見たら、かなり怪しいオッサンだっただろうと思います。



貝取クリニック
 少し足を伸ばして、小学校の頃にいつも行っていた商店街へ。
 これは小学校の3年生くらいまでよく通っていたクリニックです。

 耳が弱くてしょっちゅう中耳炎に罹ってしまう子だったので、
 いつも待合室で泣きながら待ってたのを憶えてます。
 お恥ずかしながら、かなりの泣き虫だったもので。。。

 ・・・今でもけっこう泣き虫ですけどね。。。

りんれい堂
 文房具といえば「りんれい堂」。
 『少年ジャンプ』もここで買ってました。

 シャッターが閉まってましたが、
 日曜日は定休日だったかな・・・
 看板は架かってたので、潰れてはいないと思いますが。



公園
 小〜中学校と、野球の練習場として
 毎週のように通った大きな公園です。
 木々に隠れてあまり見えませんが、写真の真ん中に野球場。

 野球場の向こうに、団地がいっぱい。。




自分の住んでいた団地がまだ残っていたのを見て、
あたしは何故か号泣してしまいました。車の中で。
「目頭が熱くなる」とか「ぽろぽろと」とかいう程度ではなくて、まさに号泣。
理由はわかりません。原因不明。

ただ、いま思うとですが、
その頃はすでに前職での理想と実際のギャップに苦しみ始めていた頃だったので
ひょっとするとそんなココロの隙にノスタルジックな感傷がするりと入り込んで
身体が自然と涙で発散させようとしたのかもしれません。
人間、泣くとどこかすっきりしますからね。。。



今では心持ちも安定しているので泣くことはないかもしれませんが、
やっぱり小さいころに生まれ育った街が当時のイメージのまま残っているというのは
どことなく嬉しいものです。

またそのうち、暇をみつけて行ってみたいと思っております。

・・・というか、多摩の方のお客さんから問い合わせ来ないかなー。。
なーんて。
<<  @高松  |  ホーム  |  軽井沢  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niwatori.dtiblog.com/tb.php/89-1f1f0e3f
ブログランキング・にほんブログ村へ
R-NETBANKING