容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

『君のためのラブ・ソング』

  1. 2009/09/11(金) 04:36:41|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
とてもこっぱずかしい書き出しなんですが・・・、
30代も半ばになりまして、いまさらながら
ピュアな恋の歌を書ける人にものすごく羨望を感じたりしてます。。


 
『君のためのラブ・ソング』

曲:豊岡寛行・新谷綾子 / 詞:都筑貴志 / 編:だいだい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


学校からの帰り道 急に降り出した雨に 君を追いかけていって 傘を差し出した
僕ん家は君の家より 遠いところにあったけど 「すぐそこだから」なんて とっさに嘘をついた
「一緒に帰ろうか」なんて とても言い出せなくて 僕は強引に渡して 家までダッシュした

何気ない会話の中で 君が好きだって言ってた 女性アーティストの CDをプレゼントした
次の週末に君は うちの団地を調べて お礼を言いに来て 階段で話をした
すごく嬉しかったけれど 「すぐそこだから」なんて 嘘をついたのがバレて 少しだけ大人ぶった

こんなベタな話 けっこう誰にでも あるものなのかな
中学生の僕は そんな風に「好き」を伝えてた

一人目に好きになった人 今頃はどうしてるんだろう


部活が終わる時間に いつも同じ店の前で 仲間とお喋りして 君の帰りを待った
「待っててくれたの?」なんて 冗談交じりに言われて 気付かれないように 密かに頷いてた
隣のコートの君を いつも盗み見ながら いいトコロを見せたくて 一生懸命だった

みんなで遊ぶときには お決まりのカラオケで 君がいつも歌うのは 小泉今日子の歌
君には恋人がいて 彼とは遠く離れてて その寂しさを僕に 話しながら泣いてた
思い切って肩を寄せて 黙って聞いてあげたら 大人になれる気がして 涙を我慢できた

こんな照れる話 けっこう誰にでも あるものなのかな
高校生の僕は そんな風に「好き」を育ててた

二人目に好きになった人 今頃はどうしてるんだろう


いま隣にいる君の 横顔を見つめてる 繋いだ手のひらに 伝わる互いの温度
君は僕が何人目に 好きになった人なのか もし伝えてみたら 怒ったりするのかな?
きっとそんなコトないよね 素敵な恋をしたから こうして一緒にいられる そんな風に思ってるんだ

こんな僕の歌を 君に贈るよ 大事なものだから
重ねてきた感謝を 君のために全部使うんだ

ずっと愛すると決めた人 これからもどうぞよろしく


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


正直なところ、ちょっと前までは
「ストレートな恋の歌ってのは、若い人たちの専売特許やし〜」
なんて思っていたところがあったんですよね。

それが最近になって、
例えば40代とか50代とかいう年齢になってもそうゆう歌詞が書けるのって
なんかけっこう素敵なことなんじゃないかなぁと思うようになりまして。



そんなことを考えていたら、
難しいことを考えずに素直な言葉で、
あまり歌詞に使うことのない単語なんかも敢えて入れてみたりして
少し物語風のただただシンプルな恋の歌を書いてみたくなりまして、
こんなのができました。

どの程度まで事実に基づいているかはヒミツ。。。



「だいだい」で曲を作るときは、だいたいいつも曲が先にあって
その雰囲気に合わせた歌詞を後から付けることが多かったんですが、
この曲は歌詞先行で、ベースのトヨちゃんに曲付けを依頼。

いままでの曲に比べてめちゃくちゃ歌詞が長いので苦労かけちゃってますが、
先日のスタジオ練習の時に大枠のイメージを持ってきてくれました。

まだどんな形でまとまるかわかりませんが、
個人的には、なんとなくちょっとノスタルジックな感じのする
良い曲になるような予感がしてます。。



次のライブ予定は結局さっぱり決まっていないんですが、
年内にはできたらいいなーなんて思っておりまする。。
<<  ディズニーランドへ  |  ホーム  |  タカさん  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niwatori.dtiblog.com/tb.php/102-b87015e5
ブログランキング・にほんブログ村へ
R-NETBANKING